厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

    タグ:魔王

    勇者の娘は、自身の目の前で勇者たる父を、魔王によって殺されてしまった。
    唯一の勇者の血筋の生き残りとなるが、魔王軍の暗黒騎士によって、虜囚の身となってしまう。

    もと人間だという暗黒騎士のものとなった令嬢は、勇者としての務めを忘れてはいない。

    http://elephant.2chblog.jp/archives/52109917.html



     

    少女は、突然現れた女神によって、女勇者とされてしまう。
    そして、女神に連れられて行った先は、星空魔王と呼ばれる魔王の城。

    しかし魔王は、皆が想像するような魔王とは違い、一人でひっそりと暮らしていた。

    女神から魔王の身の回りの世話をするように言われた女勇者だったが・・・。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1915621.html


     
     

    魔王のもとに、たどりついた勇者に対して、魔王は世界のありようについての疑問を投げかける。
    なぜ、1000年にわたり、文明が進むことなく勇者と魔王が対で存在し、そして魔王が負け続けるのかと・・・。

    勇者が魔王を根絶やしにすることもなく、きっちりと現れつづける、それは勇者からしても確かに説明ができない事象であった。

    こうして、魔王と勇者の真実への探求が始まる。


    http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-2257.html

     



     

    5年前に魔王を倒した勇者パーティの一員であった魔法使いは、山奥のお屋敷で日夜研究に励んでいた。
    そんな魔法使いの執事募集の求人に、一人の青年執事が採用となり、そのもとに訪れるのだった。

    しかし、執事の正体は・・・。


    勇者になると勇者特権が、与えられかなりの優遇が受けられるという。
    しかし、それを悪用する勇者も多数存在するという・・・。

    そんな中、勇者と戦士は、まじめに魔王討伐を行おう旅立つだった。

    旅で出会ったというか命を救ってくれたモンスターハーフの3人娘との冒険譚。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1874283.html

     


    勇者は自身が持つ勇者像を非常に大切にしている。
    魔王を倒すという冒険の中であっても、勇者とはこうあるべきという点を重視し、困っている人がいると手を差し伸べてしまう。

    そんな勇者を女騎士は納得がいかない思いで眺めていたが・・・。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1913685.html



    ずっと1か所で待ち続ける僧侶。
    何度目の春を迎えてもずっと待ち続ける僧侶。

    魔王が勇者によって討たれて半年が経過していた。
    人間による魔王軍の残党狩りは熾烈を極め、魔王軍の中でも強さを誇った魔人の命も風前の灯となろうとしていた。

    そんな時、魔人は僧侶と出会ったのだった。

    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1920954.html

     


    無事に魔王を倒して、世界に平和をもたらした勇者と賢者。
    しかし勇者は、自分が魔王を倒したことによって、人間が魔族たちの領土へ侵略をしている今の状況に納得してはいなかった。

    そんな大きく人間側に傾いてしまったパワーバランスを取り戻すために勇者はある選択をする。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1758124.html 


     


    ◆cZ/h8axXSU さんの長編作品です。
    ◆cZ/h8axXSUさんの作品の特徴として、色々な作品の登場人物が色々なところで登場します。
    この作品は、そんな色々作品のベースとなる物語です。

    理想の世界をつくるために、魔王が建国を目指し切磋琢磨する物語です。


    http://blog.livedoor.jp/innocentmuseum/archives/1016831999.html 

    後編:魔王「天使がいた物語」天使「後編ですよ魔王様!」



    土砂降りの雨のなか、酒場では勇者が魔王場にたどり着いたという噂が流れていた。
    酒場の客は、一人離れて酒を飲む盗賊に勇者のことを知らないかと話しかける。

    しかし盗賊は、対して面白味のある話でもないと言って酒場を後にする。

    宿屋に戻った盗賊は、ひとりベッドで寒さに震えながら温まらない手を擦り合わせる。

    そして1年前のことを思い出すのだった・・・。

    http://142ch.blog90.fc2.com/blog-entry-15789.html 



    このページのトップヘ