厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:魔王

絶対的な力を持ち、唯一魔物を創生する力を持つ魔王。
魔王が最初に生み出した魔物である側近は、魔王に自分専用の女性の魔物を作ってくれるように頼むが・・・。

創生のための魂を探していた魔王は、大きな過ちをおこしてしまうのであった。

http://ayamevip.com/archives/36675714.html


1.魔王「姫・・・おまえを愛している。どんな絶望があろうと、俺と共にあれ」
2.騎士王「『魔王、ずっとずっと、だいすきだよ!』」
3.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」
4.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【番外編】
5.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【後日談】



 

なぜか現代のワンルームの安アパートで、同棲(同居?)する勇者と魔王。

どうやら二人は、最終決戦の際の奥義同士の衝突によって生じた時空の歪みに吸い込まれてしまったらしい・・・。
魔法も使えぬ全く知らない世界に放り出された二人は、もとの世界に帰る方法を探しながら、三年の月日を共に過ごす。

そんな二人の生活に転機が訪れようとしていた。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1954034.html





 

勇者パーティの一員として、魔王打倒を果たした戦士。
しかしそれは、自爆する魔王によって勇者もまた命を落とす戦いであった。

戦士は、報奨金から街に無料の道場を開き、後進の育成を志す。
しかし、戦士の道場に現れたのは二人の子供だけであった。

凡人であった戦士の物語。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52000433.html





勇者一行が魔王まで後一歩というところまで歩を進める中突然行われた停戦協定。
魔族との戦いが終結したことで、勇者は、人間族と魔族ともうひとつの種族が平等に暮らせる国を作るために不干渉地区へと赴く。

勇者の建国と世界を破壊から救う物語。

かなり読み応えのある長編作です。
ゆっくりじっくり読む事をお勧めします。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394899262/ 





魔王討伐の旅を続ける勇者パーティは遂に、魔王軍の大幹部を倒すことに成功した。
疲れ果てた勇者たちがテントに戻るとそこには本当の勇者が!?

なんと勇者は真勇者の影武者だったのだ・・・。
真勇者からひどい扱いを受けながらも使命のため旅を続ける影武者勇者たち。

果たして旅の終わりは・・・。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51999789.html





 

魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」の少年勇者視点の短編です。
魔王を捉えることに成功した勇者パーティと魔王の駆け引き・・・。

ゲートを開く鍵とは!?

魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」を読んでから読むことがお勧めです。


http://ayamevip.com/archives/50063134.html


1.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」
2.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」【後編】



勇者の襲撃を辛くも退けた魔王達。
魔王としての力を付けるために、女側近たちと魔剣を求めて魔剣があるという世界樹を目指して旅に出ることに。
その道中で少年勇者達の襲撃を受けて、魔王は捕らわれてしまうが、魔王の機転と人間界侵攻の指揮にあたっていた魔伯爵によりなんとか窮地を逃れることができた。




http://ayamevip.com/archives/50063128.html

1.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」





 

魔界では魔力の強さが全ての基準となっている。
魔力の高いものは、上層に住むことができ、魔力が低いものは下層に追いやられる。

そんな魔界で下層に住む魔力を持たない少年が突然魔王の後継者となったのだった。
少年は女側近のもと魔王となり魔界を導くために頑張るのだった・・・。


http://ayamevip.com/archives/50063125.html

2.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」【後編】





 

魔王を倒すために旅を続ける勇者・戦士・僧侶・魔法使い。
旅を続ける四人。

高額の怪しい依頼を受けることになった、勇者・僧侶・魔法使いの3人。
そしてその依頼人である鍛冶屋に出会い勇者のフライパンが実は光の剣であることを知る。
光の剣を手に入れた勇者達は魔王の城を目指す。

険しい山を越えなけれればいけないルートであったが、南の勇者がその道を切り開いてくれていたのであった。

遂に勇者たちは魔王の城へ・・・。


http://ayamevip.com/archives/26345441.html


1:大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」
2:王様「他の国王ども張り切り過ぎだろ……引くわ」
3:勇者母「勇者ったら、しっかりやってるのかしら」【前編】






勇者合宿では、命を落としかけたダークエルフと男たち。
その裏では、双子の妹であるエルフが暗躍していた・・・。

ダークとは違い稀有な魔法の才能を持ったエルフはいったい何を想い、ダーク達を殺そうとしたのか・・・。

物語はほんわかムードから完全にシリアスモードへと移行し、終着点へと突き進む。
物語がついに終局を迎える・・・。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1952513.html

ダークエルフ「男の尻尾をモフモフしたい」
ダークエルフ「男の尻尾をモフモフしたい」【中編】

関連作(この作品の過去のお話です。)
まず魔王「暇だな」から読むことをおすすめします。

魔王「暇だな」 
魔王「暇だな」【中編】
魔王「暇だな」【後編】
 



このページのトップヘ