厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:魔王

魔王の姫誘拐事件から、月日が流れ元魔王の秘書である魔人は、魔王の村から研修として人間の国で生活するために、人間たちの城へとやってきたのであった。

城で暮らすこととなった魔人の生活のお話です。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51812668.html


1.魔王「間違えた…」
2.魔人「・・・間違いでは?」
 

生来卑怯者である勇者は、魔王討伐という国王からの命に背き、お金を持って逃げようと考えていた。
だが、そのたくらみは上手くいかず、結局魔王討伐の旅に出ることになってしまうのであった。

そんな卑怯者の勇者の冒険譚です。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/48884286.html 



男嫌いの魔法使いは、知り合いの武闘家(女)とともに、魔王打倒を目的とする勇者(男)のパーティに参加することになったのであった。
勇者以外は、みんな女性というハーレムパーティであったが、魔法使いはどうしても勇者を好きにはなれないのである。


http://ss-navi.com/blog-entry-8532.html

 

魔物たちの活動が活発になり、500年前に封印された魔王の復活が迫った世界。
500年前に魔王を復活した勇者たちの生まれ変わりである。
勇者・僧侶・踊り子・魔法使い・メイド?の5人のパーティが揃ったが、勇者はなにやら乗り気ではない様子。

はたして魔王討伐の旅はどうなるのか・・・。


http://ss-navi.com/blog-entry-8527.html

 

魔王討伐を果たした勇者は、全ての職業を極めて強さの極致へと到達していた。
そんな勇者は、なにか一つ願いを叶えてくれるという女神との約束を思い出し、女神のもとを訪れるのであった。

そこで勇者が女神にかなえてもらおうとした思いとは、もう一度冒険の旅に出ることであった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/51968317.html

 

人間達との戦いを収拾しようと考えた魔王は、勇者たちをサポートして悪事を働く魔物たちを陰ながら討伐し、共存の道を図ろうと考えるのであった。

しかし勇者は魔王が思うような勇者と呼べるような人物ではないのであった。
魔物以上に悪事を働く勇者に対して魔王は・・・。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51779334.html

 

城の姫様を誘拐しようしていた魔王は、誤って姫様とは全く関係のない町娘を誘拐してしまうのであった。
そんな魔王のもとには、勇者と本来誘拐するはずだった姫様が現れて、状況は思わぬ方向へと進んでいってしまうのであった・・・。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51812511.html

 
1.魔王「間違えた…」
2.魔人「・・・間違いでは?」
 

戦いに敗れ虜囚の身となってしまった女騎士は、その後魔物達から絶賛される料理人となった。
人が魔物のための料理を作るという不思議な出来事であったが、逆に人の為に料理を作って絶賛される魔物もいるのではないだろうか?

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1984117.html

 
1.女騎士「くっ、殺せ!」 オーク「お前料理できるか?」

戦いに敗れ虜囚の身となってしまった女騎士。
そんな女騎士にオークから突き付けられた要求は、なんと魔王軍の飯炊き係なることだった。

生肉に飽きた魔物たちにとって、女騎士が作る料理は、今までに食べたこともないような素晴らしい料理なのであった。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1984115.html


2. 魔道士「くっ、ここまでか……」 オーク「お腹空いてないかい?」

 

魔王を倒すことに成功した勇者は、その場で魔王の遺児である魔王女に見初められてしまう。
そして、故郷に幼なじみの恋人を残しつつも、苦悩の中新しい魔王となるのであった。

魔王になった勇者は、魔族と人間との価値観の違いに戸惑いながらも新しい世界を創っていこうとするのであった。


http://ss-navi.com/blog-entry-10924.html 


このページのトップヘ