厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

    タグ:騎士

    3人で魔王を打ち倒した勇者・戦士・魔法使い。

    世界を背負い魔王を倒した勇者たちであったが、魔王打倒後勇者は酒におぼれ、人が変わったように腑抜けになってしまった。
    戦士・魔法使いのもとにまで、飲み代の無心にくる勇者。

    戦士と魔法使いは勇者を見捨てることができないが・・・。


    http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-1347.html





     

    父親のような立派な騎士なり、物語の勇者のようになる。そんなことが口癖の少年は、立派な青年へと成長していった。

    青年は、騎士を志したゆまぬ努力によって、騎士の登竜門である「騎士試練」を迎えようとしていた。

    この時青年は、自分の騎士としての苛烈な運命をまだ知らない。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1855797.html 

     



    人里離れた山奥で、弟子と二人で鍛冶屋を営む鍛冶師。
    山奥であるために、中々お客さんは、来ないが時々大口のお客さんが訪れることも・・・。

    そんな鍛冶屋に訪れたのは、なんと世を騒がせる魔王であった。
    魔王からの依頼は思いもよらぬものであった。

    ほのぼのとした鍛冶師と弟子の物語です。


    http://elephant.2chblog.jp/archives/52036772.html 

    魔王らしいことをしようと、姫をさらった魔王。
    いろいろなことがあり、その姫は、魔王の娘として育てられることとなりました。

    いい加減な魔王とは違い、非常にしっかり者の魔王の娘。
    そんな魔王の娘の物語です。



    http://elephant.2chblog.jp/archives/51814905.html

    前作: 魔王「今日も平和だ飯がうまい」

    天界の女神と、その女神に仕える従者。

    人間界の混迷に対して、干渉するために女神が従者を人間界に降臨させる。
    人間として、人間界に降りることとなった従者の冒険譚シリーズの第一弾です。

    従者の活躍をお楽しみください。

    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1784979.html

    次作:女神「どうやら魔獣の封印が解けてしまうようです」

    勇者を目指す少年と、騎士と魔法使いの物語。
    この物語は、ある物語の非常に重要なプロローグとなっている。

    たくさんの登場人物と時代背景が複雑に絡みある ◆cZ/h8axXSU さんの物語を是非ご堪能ください。

    http://ssbookshelf.com/blog-entry-611.html

    魔王を倒した後に、勇者はその姿を消す・・・。
    初代勇者から始まる壮大な物語です。

    果たして魔王を倒した後の勇者はどうなっているのか?
    たくさんの勇者が織りなす物語です。

    才能あふれる新人の勇者と落ちこぼれの僧侶。
    二人は成り行きからパーティを組み魔王を倒す冒険へと繰り出す。

    僧侶が使える魔法はたったの4つ・・・。

    しかしその魔法が世界に奇跡をもたらす。


    http://elephant.2chblog.jp/archives/52066492.html 

    ついに騎士と僧侶の物語が終わりを迎えます。
    最後まで重苦しくシリアスな空気で突き進みます。

    切ない物語をぜひ最後まで読み切ってください。
    絶対に感動します。

    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838211.html 

    僧侶・魔女・商人・盗賊の冒険は続く、囚われた騎士、時を遡る指輪。
    武闘会での囚人の言葉・・・。

    幾多の謎が点から線へと繋がっていく緊迫の中編です。
    物語は重苦しさを増していきます。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838210.html 

    このページのトップヘ