厳選 永久保存魔王・勇者SS(小説家になろう含む)

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:盗賊

土砂降りの雨のなか、酒場では勇者が魔王場にたどり着いたという噂が流れていた。
酒場の客は、一人離れて酒を飲む盗賊に勇者のことを知らないかと話しかける。

しかし盗賊は、対して面白味のある話でもないと言って酒場を後にする。

宿屋に戻った盗賊は、ひとりベッドで寒さに震えながら温まらない手を擦り合わせる。

そして1年前のことを思い出すのだった・・・。

http://142ch.blog90.fc2.com/blog-entry-15789.html 



勇者「魔王は一体どこにいる?」 の続編です。
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 の次の作品になります。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/55124382.html


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

ついに騎士と僧侶の物語が終わりを迎えます。
最後まで重苦しくシリアスな空気で突き進みます。

切ない物語をぜひ最後まで読み切ってください。
絶対に感動します。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838211.html 


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

僧侶・魔女・商人・盗賊の冒険は続く、囚われた騎士、時を遡る指輪。
武闘会での囚人の言葉・・・。

幾多の謎が点から線へと繋がっていく緊迫の中編です。
物語は重苦しさを増していきます。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838210.html 


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

王国を訪ね、国王の指示のもと武闘会に参加することとなる勇者。
そこでの囚人との対戦から勇者の人生の歯車が回り始める。

勇者SS史上、最高傑作のひとつと言える物語が今始まる。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838209.html 


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

勇者「魔王は一体どこにいる?」 の続編です。
前編・後編で構成されています。

女盗賊と行動を共にすることになった剣士は、様々な事件に巻き込まれていくが、その中で囚われていた女エルフを救出するのであった。
この女エルフとの出会いから物語は大きく動いていくこととなる。

http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/55124377.html


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

勇者「魔王は一体どこにいる?」 の続編です。
前編・後編で構成されています。

妖精と旅をする盲目の旅人、旅人と女との出会いから物語が動き出す。
前作との関連性はどうなのでしょうか。

http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/55124372.html


勇者「魔王は一体どこにいる?」 【前編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【中編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 【後編】
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 前編
勇者「魔王は一体どこにいる?」 白狼の盗賊団編 後編

今までの歴代の勇者一族が打倒し封印してきたという魔王。
その魔王を封印ではなく倒すことに成功した勇者。

しかし勇者はその偉業に対して心穏やかではなかったのであった。
魔王という存在が亡くなった以上、勇者は最大の武力であるため、権力が排除に来ると考えたためであった。

果たして勇者はどうなるのであろうか。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/55188560.html 

国王より魔王討伐を言い渡される勇者。しかしその横には魔王と黒騎士が・・・。
ここは国王と魔王が和平を結んだ世界で、世界はおおむね平和なようである。

そんな中勇者と黒騎士は、盗賊討伐の任を受けるのであった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/52135084.html

 

勇者さんは、とても魔法を忌み嫌っている。
勇者さんだけでなく戦士さんや武闘家さんや盗賊さんは魔法を使わずに魔物たちを倒していく。

しかし、魔法しか能のない私。
「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」そう公言する勇者の前では、その魔法も満足に使うことができないのであった。


http://amnesiataizen.blog.fc2.com/blog-entry-16083.html
 

このページのトップヘ