厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:王

王に城に呼ばれた勇者は、非常にガラが悪くチンピラのようでした。
そんな勇者は酒場で仲間を集めるはずが、ガラの悪さからとんでもないことに・・・。
ここにチンピラ勇者と女将の冒険が始まる!!



http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1884081.html 

魔王が長い眠りから目を覚ますと、そこは平和な世界になっていた。
魔王城には一匹のスライムだけが残っており、無職となった魔王は途方に暮れてしまうのだった。

魔王はスライムを伴って街へと向かうが、そこでは人と魔物が一緒に生活していたのだった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/52174211.html 



勇者の末裔が治める勇者の国の姫は、お転婆が過ぎるといつも兄である王から、お説教ばかりされていた。
そんな姫が城を抜け出して、お気に入りの場所に行くとそこには間の抜けた笛を吹く一人の男がいたのであった。
姫は笛吹きと仲良くなるが笛吹きには隠された正体があり・・・。



http://elephant.2chblog.jp/archives/52149049.html 


長く続く、魔族と人間との平和への礎として、魔王の息子である魔王子と結婚するために、魔族の城へと訪れた姫。
姫はまだ見ぬ魔王子そして魔族たちに対して不安を抱きつつも姫として、魔王子の妻となるために覚悟を決めているのであった。

しかし魔族と人間の和平は全ての人々に受け入れられているわけではないのであった・・・。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1923292.html



勇者さんは、とても魔法を忌み嫌っている。
勇者さんだけでなく戦士さんや武闘家さんや盗賊さんは魔法を使わずに魔物たちを倒していく。

しかし、魔法しか能のない私。
「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」そう公言する勇者の前では、その魔法も満足に使うことができないのであった。


http://amnesiataizen.blog.fc2.com/blog-entry-16083.html
 

魔王を倒した勇者一行は、王都へと帰還する。
まず王への報告だが、勇者は疲れを理由にそのまま帰宅してしまうのであった。
再三の仲間たちの呼びかけも聞かずに勇者は半ば引きこもり状態になってしまう。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49978161.html
 

勇者でありながら、魔物の子供を殺すことができない勇者。
勇者パーティは、勇者に気づかれないように汚れ役を自ら被り今後の憂いを断っていた。
そんな優しさを持った勇者であったが、冒険が進むにつれてパーティの認識は変化していくのである。

登場人物の善と悪が何度となく入れ替わる物語です。


http://ss-navi.com/blog-entry-9314.html


 

長年の魔術研究により、最強と言える魔法を編み出した勇者。
その魔法は、超絶な威力をもつが勇者のみならず、魔法に熟練したものならば、利用できるという。

勇者はその魔法を用いて、魔王打倒を行おうとするが、その魔法には大きな秘密があるのであった・・・。




http://ayamevip.com/archives/51836449.html 

先代の勇者は、その命と引き換えに魔王を封印した。
人間は一時の平和を得たが、それはわずか4年でという短さで、魔王復活の時を迎えてしまったのであった。

新しい勇者は魔王討伐の旅に出るが、旅の仲間となった先代勇者パーティの魔導士の弟子である魔法使いは、魔力は膨大だが誘惑の魔法しか使えないという役立たずであった・・・。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52179214.html






常に30年周期で、魔界に訪れ魔王と戦うという勇者。
そんな勇者が周期通りに訪れなくなって、かなりの月日が流れていた。

魔王サイドも訪れない勇者に疑問を思っていた矢先、勇者が魔王城を訪れた。
しかし勇者あろうことか魔王城で働かせてくれというのであった・・・。

勇者と魔王の不思議な関係はどのような最期を迎えるのであろうか?


http://elephant.2chblog.jp/archives/51844519.html





 

このページのトップヘ