厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:戦士

勇者でありながら、魔物の子供を殺すことができない勇者。
勇者パーティは、勇者に気づかれないように汚れ役を自ら被り今後の憂いを断っていた。
そんな優しさを持った勇者であったが、冒険が進むにつれてパーティの認識は変化していくのである。

登場人物の善と悪が何度となく入れ替わる物語です。


http://ss-navi.com/blog-entry-9314.html


 

魔物たちの活動が活発になり、500年前に封印された魔王の復活が迫った世界。
500年前に魔王を復活した勇者たちの生まれ変わりである。
勇者・僧侶・踊り子・魔法使い・メイド?の5人のパーティが揃ったが、勇者はなにやら乗り気ではない様子。

はたして魔王討伐の旅はどうなるのか・・・。


http://ss-navi.com/blog-entry-8527.html

 

魔王討伐を果たした勇者は、全ての職業を極めて強さの極致へと到達していた。
そんな勇者は、なにか一つ願いを叶えてくれるという女神との約束を思い出し、女神のもとを訪れるのであった。

そこで勇者が女神にかなえてもらおうとした思いとは、もう一度冒険の旅に出ることであった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/51968317.html

 

長年の魔術研究により、最強と言える魔法を編み出した勇者。
その魔法は、超絶な威力をもつが勇者のみならず、魔法に熟練したものならば、利用できるという。

勇者はその魔法を用いて、魔王打倒を行おうとするが、その魔法には大きな秘密があるのであった・・・。




http://ayamevip.com/archives/51836449.html 

魔王を倒したがその絶大な力に脅威を感じた、国王の計略と仲間たちの裏切りによって、勇者は塔に幽閉されて20年の歳月が流れようとしているのであった。

塔からは出られず独り言を繰り返す勇者であったが、とある出来事からその封印が解かれるのであった。
ここに20年幽閉された勇者の復讐劇が幕を開ける。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52241708.html





女神に派遣された戦士(従者)と勇者と魔法使いは、順調に魔王打倒に向けての冒険を続けていく。
魔王の強さと自身の地上での能力との格差に絶望した戦士と、戦士の足手まといなってはいけないと考えた勇者はそれぞれ、日々修行に明け暮れるのであった。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/52484239.html


関連記事
女神「魔王が人間界に攻め込んだようです」 前編



魔王が人間界に攻め込んだため、神界の女神はその従者を地上へと派遣したのであった。
地上におりた従者は、戦士となり勇者に選ばれたという少女を助けて魔王討伐の旅に出る。

途中仲間に魔法使いを加えながら冒険は続く。

http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/52484231.html

関連記事
女神「魔王が人間界に攻め込んだようです」 後編



魔王討伐の旅に出る勇者は、僧侶との二人旅である。
お金は無いながらもなんとか旅を続ける二人であったが、そんな状況を心配した僧侶は、冒険の宿デリバリーサービスなるものを使って、勝手に仲間を増やしてしまうのであった。

そんな勇者と僧侶の魔王討伐の冒険の物語です。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/51117181.html





魔王討伐の旅を続ける勇者。
国が選抜した勇者は複数の国から魔王を倒すために情報交換しつつ、旅を続けている。

そんな勇者の一人は、単独で旅を続けていたが、ふとしたきっかけでゾンビに噛まれてゾンビになってしまったのだった。

しかし自我を失った本物のゾンビになったわけではなく・・・。
ゾンビになっても魔王を打倒しようとする勇者の物語です。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49085650.html 




 

魔王を倒し世界を救ったが、倒した魔王の呪いによって、不死身の体となってしまった勇者。
そんな勇者の護衛任務に抜擢された若騎士は意気揚々と勇者のもとへと向かう。

しかし勇者の護衛という任務は、勇者を監視しともに生活をするだけという閑職であった。
※エロ描写結構あり

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1989066.html?ref=popular_article&id=2626549-238653



 

このページのトップヘ