厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:姫

魔王が長い眠りから目を覚ますと、そこは平和な世界になっていた。
魔王城には一匹のスライムだけが残っており、無職となった魔王は途方に暮れてしまうのだった。

魔王はスライムを伴って街へと向かうが、そこでは人と魔物が一緒に生活していたのだった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/52174211.html 



勇者の末裔が治める勇者の国の姫は、お転婆が過ぎるといつも兄である王から、お説教ばかりされていた。
そんな姫が城を抜け出して、お気に入りの場所に行くとそこには間の抜けた笛を吹く一人の男がいたのであった。
姫は笛吹きと仲良くなるが笛吹きには隠された正体があり・・・。



http://elephant.2chblog.jp/archives/52149049.html 


長く続く、魔族と人間との平和への礎として、魔王の息子である魔王子と結婚するために、魔族の城へと訪れた姫。
姫はまだ見ぬ魔王子そして魔族たちに対して不安を抱きつつも姫として、魔王子の妻となるために覚悟を決めているのであった。

しかし魔族と人間の和平は全ての人々に受け入れられているわけではないのであった・・・。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1923292.html



魔王を倒した勇者一行は、王都へと帰還する。
まず王への報告だが、勇者は疲れを理由にそのまま帰宅してしまうのであった。
再三の仲間たちの呼びかけも聞かずに勇者は半ば引きこもり状態になってしまう。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49978161.html
 

捨て子の少女喪女は、数々の家事をこなしてから、生命の樹の木の実を取りに行き家に帰ってその殻をむくというのが日課であった。
楽しいことも嬉しいこともなく、ただ繰り返す日常であったが、生命の樹での暗黒騎士との出会いからその運命が大きく変わっていくのであった。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49085608.html

 


男嫌いの魔法使いは、知り合いの武闘家(女)とともに、魔王打倒を目的とする勇者(男)のパーティに参加することになったのであった。
勇者以外は、みんな女性というハーレムパーティであったが、魔法使いはどうしても勇者を好きにはなれないのである。


http://ss-navi.com/blog-entry-8532.html

 

修行を重ね、魔王をも凌ぐほどの力を手に入れた勇者は、見事魔王を打ち倒すことに成功したのだった。
しかし、勇者が魔王との決戦に臨もうとするときに、魔王軍でも全軍を人間界に出撃させていたのである。
そのため、魔王は倒れたが、また人間界も壊滅的な打撃を被っていたのであった。
魔王軍を放置したという汚名を着せられてしまったのであった。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/50498913.html




魔王と騎士王とメイド姫と姫の物語の後日譚

魔王とメイド姫のほんわかしたお話とか本編を離れたサイドストーリーです。

http://ayamevip.com/archives/37379663.html


1.魔王「姫・・・おまえを愛している。どんな絶望があろうと、俺と共にあれ」
2.騎士王「『魔王、ずっとずっと、だいすきだよ!』」
3.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」
4.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【番外編】
5.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【後日談】




 

魔王と騎士王とメイド姫と姫の物語の番外編

番外編は、短編集になっていて、魔王が騎士王(側近)を創った時の話のような過去の話であったり、いろいろなお話があります。

http://ayamevip.com/archives/37379655.html


1.魔王「姫・・・おまえを愛している。どんな絶望があろうと、俺と共にあれ」
2.騎士王「『魔王、ずっとずっと、だいすきだよ!』」
3.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」
4.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【番外編】
5.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【後日談】




 

魔王と騎士王とメイド姫と姫の物語の第3弾。

勇者の血により過去の勇者の記憶。
そして過去の勇者の時代へと時間を跳躍した騎士王。
過去に戻り過去の勇者と魔王の運命を変えることに成功するのだった。

しかし女神のせいで魔王はメイド姫に触れることができなくなってしまった。
メイド姫の力を元に戻すために、天神の力が必要だというが・・・。

http://ayamevip.com/archives/37379642.html


1.魔王「姫・・・おまえを愛している。どんな絶望があろうと、俺と共にあれ」
2.騎士王「『魔王、ずっとずっと、だいすきだよ!』」
3.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」
4.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【番外編】
5.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【後日談】




 

このページのトップヘ