厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:女騎士

国王から、エルフとの交流のために、20人のエルフを連れて戻るように言われた女騎士。
過去にエルフを奴隷として扱った人間に対して不信感があるエルフたち。

女騎士は、なんとか使命を達成しようと思うなか一人のエルフの少女と出会うのだった。
エルフ娘との交流の中で女騎士の使命を果たされようとしていたが。

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7558.html



 
 

魔王を後一歩というところまで、追い詰めた勇者。
しかし、その場に魔王娘が現れたのだった。
魔王との戦いで、勇者も満身創痍の状態、さすがに魔王娘との戦いは厳しい状況。

しかし魔王娘が発した言葉は、「勇者……魔王は私が殺す」だったのだ。

はたして魔王娘の真意とは?


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1916185.html 




 

刀剣匠のもとを訪れた女騎士は、その剣を購入するというが、すぐに断られてしまう。
何度も何度もしつこく、剣を買うために訪れるが、毎回結果は同じ・・・。

しかし、作成した武具の配達に困った刀剣匠は、女騎士に配達を頼むことにしたのだった。
武器の販売を考えることを条件に。

女騎士は武器を手に入れることができるのだろうか?


http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-5974.html

 


勇者は自身が持つ勇者像を非常に大切にしている。
魔王を倒すという冒険の中であっても、勇者とはこうあるべきという点を重視し、困っている人がいると手を差し伸べてしまう。

そんな勇者を女騎士は納得がいかない思いで眺めていたが・・・。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1913685.html



東の港国第三王女である姫は、いずれどこかに政略結婚に出されるであろう自分の今後に対して大いに不満を抱いていた。

そんな姫は、思いついたかのように、城で暇そうにしているメンバーを募って勝手に傭兵団の設立を行うのだった。
城を出た姫と傭兵団一行には、どのような冒険が待ち受けているのか。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1916268.html 



傭兵ギルドで見つけた好待遇のお仕事。
それは、死ぬだけの簡単なお仕事!?

神の加護により蘇生可能な世界での物語です。

結構シリアスな前後編です。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838436.html 

貴族の娘である女騎士は、17歳にして、騎士団の隊長として、騎士団に所属することになった。
しかし配属された騎士団は、女騎士が思い描くようなものとは、大きくかけ離れたものだった。

メインの仕事は書類仕事であり、騎士とは名ばかりの日々。

そして部下と言えば、ひょうひょうとした傭兵騎士の一人のみである。

しかしこの騎士団と傭兵騎士には大きな秘密が隠されているのであった。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52121287.html 


こちらの作品は、下記作品のサイドストーリーです。
まず、勇者の像「…」をご覧になると、より楽しめます。
 勇者の像「…」






魔王を追い詰め、そして聖なる剣の力によりそれを打ち倒すことに成功した勇者パーティ。

これは、そんな魔王を打ち倒す力を持った唯一の聖剣にまつわる物語です。
女騎士と、剣士とそして魔女の冒険譚。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52088402.html 

勇者と言えば、剣です。アーサー王に始まり、伝説の武器と言えばそれは常に剣であるはずです。
しかしこの勇者は、剣を持ったことがないという・・・。

メインは、昆術であり、木の棒で突き、ぶっ叩くという戦法。
明らかに剣よりも強いのだが、パーティメンバーからすると昆術で戦う勇者には違和感が・・・。

そんな昆術マスターである勇者が魔王に挑む!!
まぁ強いならそれでもいいのではないかと・・・。


 http://maoyuss.blog.fc2.com/blog-entry-2371.html

後編です。
無事姫様を救出することに成功した傭兵と女騎士。
この事件をきっかけに傭兵の立場も大きく変わろうとしています。

しかし傭兵が幸せになるには大きな障害が・・・。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838436.html 

このページのトップヘ