厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:執事

5年前に魔王を倒した勇者パーティの一員であった魔法使いは、山奥のお屋敷で日夜研究に励んでいた。
そんな魔法使いの執事募集の求人に、一人の青年執事が採用となり、そのもとに訪れるのだった。

しかし、執事の正体は・・・。


悪名高き盗賊団に襲われた村の、唯一の生き残りである少女剣士と旅をする剣士。
剣士と少女剣士は、とある都市へと赴く。

因縁の盗賊団がその都市を襲撃する計画だというが・・・。

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-2848.html 


   


魔王領で、酒場を経営するマスター。
マスターのもとには、魔王の討伐隊を撃破した魔王が常連客としてやってくる。

そんなマスターの酒場に珍しく人間がやってくる。
その人間とは・・・。

非常に短い作品ですが、味があってよい作品です。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52109022.html 



相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

遂に開門都市の城壁を破り、都市内へと進行した聖鍵遠征軍。
戦線を維持し戦いを続ける魔王軍。

しかし魔王の目的は敵の撃退ではなく、敵との講和。

そんな中魔王は勇者に対して隠していた大切な話を打ち明ける。


魔王と勇者の超大作の最終作である第13作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24797093.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

聖国王との交渉に成功をおさめた青年商人。
時の英雄である王弟元帥と対峙し、一歩もひかない交渉を見せるメイド姉。

激戦の最中、老賢者のもとに居た幼い勇者の物語が語られる・・・。

劣勢の中なんとか都市を死守する魔王軍。そして女騎士の率いる部隊が援軍として現れる。
舞台には全ての役者がそろい始める。

そして刻印王の力を手に入れた大主教がついに本当の力を見せる。
最終章へ向け物語が加速する!

魔王と勇者の超大作の第12作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24777177.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

遂に魔界への侵攻を開始した聖鍵遠征軍。
そして勇者は現在の身分をかくして、行方不明だった勇者として聖鍵遠征軍へと侵入する。

独自の動きを続けるメイド姉は、火竜大公のもとへ切り札を譲り受けに向かう。

開幕戦は圧倒的な火力差の前に、魔王軍はなすすべもなく敗退することとなった。
その頃青年商人は、経済という大きな戦いを繰り広げていた。


魔王と勇者の超大作の第11作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24775299.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

マスケットの圧倒的な火力を持つ聖鍵遠征軍に対して、勇者・魔王・青年商人・メイド姉がそれぞれの場所、それぞれの方法で戦いを進めていく。

勇者・魔王・女騎士の三角関係も少しずつ動きを見せ始める?


魔王と勇者の超大作の第10作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24748310.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

聖王都の聖光教会に忍び込む、メイド姉と奏楽子弟。
白夜国を陥落させた蒼魔の刻印王。

精霊の宝『聖骸』を求め開門都市を攻撃する20万の軍勢を迎え討たんとする魔王たち。

蒼魔の刻印王との決着をつけるべく戦う勇者。
そこに現れたのは、圧倒的な戦力を持つマスケット銃部隊。

聖鍵遠征軍との空前絶後の大決戦が目前に迫っていた・・・。

魔王と勇者の超大作の第9作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24747893.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

一命を取り留め魔族をまとめることに成功した魔王。
しかし聖王国では、魔界制圧のために新たなる兵力が蓄えられていた。

また自らのなすべきことを探すためにメイド姉は、みなのもとを離れ旅立って行った。
それぞれがそれぞれのなすべきことのために・・・。

魔王と勇者の超大作の第8作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24740939.html

相互所有契約を結んだ魔王と勇者。
あの丘の向こうを目指して、まだ見ぬ未来へと・・・。

温泉旅行を楽しんでいた魔王一行のほのぼのムードも終了し、魔王の忽鄰塔(クリルタイ)召集により、魔界の各地から魔族の族長が集結した。
魔王の不利かと思われたとき開門都市を護る東の砦将が現れ、新しい氏族「衛門族」の族長として現れたのだった、魔王有利と思われたそのとき、刺客の手が忍び寄り魔王を襲う。

一命を取り留めた魔王は、蒼魔族以外の魔族を纏め上げることに成功した。
しかし魔王は万全とは言いがたい状態であった・・・。

魔王と勇者の超大作の第7作目です。

http://neetch.doorblog.jp/archives/24730423.html

このページのトップヘ