厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:勇者

魔王を倒したはずが、魔王を倒す前から繰り返す世界。
勇者だけがその事実を知るが、仲間たちにその事実を伝え本当の終わりを目指す。

ドラクエのクリア後のループを題材にした傑作です。
ループものでは最高傑作と言えるでしょう。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51764137.html 





姫の協力を得ることにより、勇者の力によって封印した兄魔王を打倒せんとする魔王。
魔王は、そのために自らの命を捨てる覚悟を決めていた。

しかし側近と少女は、どうしても魔王を犠牲にすることはできない。
勇者が見つかるまでになんとか魔王を救う方法をと考える二人であったが・・・。

最弱魔王の最後の戦いが始まる。


http://ssmatomesokuho.com/thread/read?id=152803

前作:「最弱魔王様」





 

魔王を倒し城に帰った勇者。
その勇者が語る魔王を倒すまでの物語・・・。

魔王・勇者系のSSにおいて、最高傑作の一つと言える作品

僧侶視点で語る「僧侶の手記」 も掲載されています。
もしまだ読んだことのないかたは、絶対に読んでください。

http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51647131.html 




3人で魔王を打ち倒した勇者・戦士・魔法使い。

世界を背負い魔王を倒した勇者たちであったが、魔王打倒後勇者は酒におぼれ、人が変わったように腑抜けになってしまった。
戦士・魔法使いのもとにまで、飲み代の無心にくる勇者。

戦士と魔法使いは勇者を見捨てることができないが・・・。


http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-1347.html





 

勇者と魔王を残し、全てが死に絶えた世界・・・。
美しかった街も自然も全てが毒素に包まれてしまった世界。

その世界を勇者と魔王は、将来の世界の再生のために旅をする。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52090748.html





 

勇者パーティは、魔王打倒を成し遂げ帰還する。

勇者は幼なじみの僧侶と、戦士は同じく幼なじみの魔法使いと結ばれる。
王都では、盛大な凱旋パーティが行われ勇者たちは凱旋パーティで拍手喝さいを浴びた後、祭りにて楽しく過ごすのだった。

故郷に帰った勇者と僧侶はそれぞれの両親に祝福され、これからの幸せに期待を膨らませていたが・・・。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1949287.html




 

騎士団長を父に持つ勇者は、勇者として魔王討伐の旅に出るように王に命じられた。
王が用意してくれたパーティメンバーは、勇者が女性であることから、魔法使い・僧侶・踊り子と全員女性であり、魔王討伐にふさわしい実力の持ち主であった。

しかし女性だけのパーティであるためか、そこでは魔王討伐には全く関係ない力関係が生じてしまっていた。

最下位に位置付けられてしまった勇者は、教会でもう魔王討伐の旅を止めたいと神に祈るのだが・・・。


http://ayamevip.com/archives/46755289.html






 

勇者と魔王との最終決戦。
魔王が仲間を呼ぶが、一向に仲間は現れない。

やっと仲間が現れたと思ったら、束縛される勇者と魔王・・・。
処刑を待つ二人の間には・・・。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51814142.html 





 

少年のうちは、小さな町の唯一の宿屋をやっている。
そこに旅の途中の勇者がやってきたのだった。

少年のうちの宿屋に泊まることになった勇者に、少年はたくさんの冒険の話を聞かせてもらう。
もっともっと勇者の話を聞きたいと思った少年は、夜中に勇者の部屋を訪れる。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1950846.html





 

女神の導きによって、勇者となったとある国の姫。
仲間とともに魔王のもとへとたどり着き、最後の決戦へを行うが、勇者たちは魔王に敗れてしまった。

死を覚悟する勇者、しかし魔王はそんな勇者を自分の物にするというのだった・・・。
勇者の首には洗脳の力を宿した首輪が付けられてしまう。

勇者はどうなってしまうのだろうか。


http://amnesiataizen.blog.fc2.com/blog-entry-9555.html





 

このページのトップヘ