厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:勇者

男嫌いの魔法使いは、知り合いの武闘家(女)とともに、魔王打倒を目的とする勇者(男)のパーティに参加することになったのであった。
勇者以外は、みんな女性というハーレムパーティであったが、魔法使いはどうしても勇者を好きにはなれないのである。


http://ss-navi.com/blog-entry-8532.html

 

魔物たちの活動が活発になり、500年前に封印された魔王の復活が迫った世界。
500年前に魔王を復活した勇者たちの生まれ変わりである。
勇者・僧侶・踊り子・魔法使い・メイド?の5人のパーティが揃ったが、勇者はなにやら乗り気ではない様子。

はたして魔王討伐の旅はどうなるのか・・・。


http://ss-navi.com/blog-entry-8527.html

 

魔王討伐を果たした勇者は、全ての職業を極めて強さの極致へと到達していた。
そんな勇者は、なにか一つ願いを叶えてくれるという女神との約束を思い出し、女神のもとを訪れるのであった。

そこで勇者が女神にかなえてもらおうとした思いとは、もう一度冒険の旅に出ることであった。



http://elephant.2chblog.jp/archives/51968317.html

 

人間達との戦いを収拾しようと考えた魔王は、勇者たちをサポートして悪事を働く魔物たちを陰ながら討伐し、共存の道を図ろうと考えるのであった。

しかし勇者は魔王が思うような勇者と呼べるような人物ではないのであった。
魔物以上に悪事を働く勇者に対して魔王は・・・。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51779334.html

 

城の姫様を誘拐しようしていた魔王は、誤って姫様とは全く関係のない町娘を誘拐してしまうのであった。
そんな魔王のもとには、勇者と本来誘拐するはずだった姫様が現れて、状況は思わぬ方向へと進んでいってしまうのであった・・・。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51812511.html

 

魔王を倒すことに成功した勇者は、その場で魔王の遺児である魔王女に見初められてしまう。
そして、故郷に幼なじみの恋人を残しつつも、苦悩の中新しい魔王となるのであった。

魔王になった勇者は、魔族と人間との価値観の違いに戸惑いながらも新しい世界を創っていこうとするのであった。


http://ss-navi.com/blog-entry-10924.html 


町について宿屋泊まろうとした勇者パーティ。
ところが勇者だと名乗ると宿屋の主人から、既に勇者は来ていて何度も町を救ってもらっていると言う。
勇者たちは偽物呼ばわりされて宿屋を追い出されてしまったのであった。

ほどなくして勇者たちは偽勇者達と出会うのであった。


http://ayamevip.com/archives/51309365.html 



長年の魔術研究により、最強と言える魔法を編み出した勇者。
その魔法は、超絶な威力をもつが勇者のみならず、魔法に熟練したものならば、利用できるという。

勇者はその魔法を用いて、魔王打倒を行おうとするが、その魔法には大きな秘密があるのであった・・・。




http://ayamevip.com/archives/51836449.html 

魔王を倒したがその絶大な力に脅威を感じた、国王の計略と仲間たちの裏切りによって、勇者は塔に幽閉されて20年の歳月が流れようとしているのであった。

塔からは出られず独り言を繰り返す勇者であったが、とある出来事からその封印が解かれるのであった。
ここに20年幽閉された勇者の復讐劇が幕を開ける。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52241708.html





人間の欲望である七つの大罪。
その大罪の力を持つ七つの装備はそれぞれ一人づつの勇者が持っているという。

暴食の鎧 
色欲の鞭 
傲慢の盾 
憤怒の兜 
怠惰の足枷 
強欲の腕輪 
嫉妬の首飾り

あがく勇者と力を取り戻しつつある遊び人。
2人は最終決戦へ向けて進んでいくのであった。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52225731.html


1. 勇者「遊び人と大罪の勇者達」【その1】
2. 勇者「遊び人と大罪の勇者達」【その2】
3. 勇者「遊び人と大罪の勇者達」【その3】






このページのトップヘ