厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:剣士

各国の勇者によって、魔王が討たれて10年の月日が流れていた。
しかし8年前には、冥界の王である冥王の軍勢の攻撃があり、人間たちはそれを退けはしたが、遂に本格的な冥王の攻勢が始まろうとしていた。

そして聖騎士長の娘である勇者に白羽の矢が立ったのであった。

名作である ゾンビ「勇者に噛み付きました」勇者「ゾンビになりました」の続編です。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52205642.html 

前作:ゾンビ「勇者に噛み付きました」勇者「ゾンビになりました」





 

魔王討伐の旅を続ける勇者。
国が選抜した勇者は複数の国から魔王を倒すために情報交換しつつ、旅を続けている。

そんな勇者の一人は、単独で旅を続けていたが、ふとしたきっかけでゾンビに噛まれてゾンビになってしまったのだった。

しかし自我を失った本物のゾンビになったわけではなく・・・。
ゾンビになっても魔王を打倒しようとする勇者の物語です。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49085650.html 




 

勇者の活躍により魔王が倒された世界。
魔物たちは緩やかに衰退していっていた・・・。

そんな時代に、魔王を倒した勇者の息子である勇者は、妹と共にある少女とである。
勇者と少女はある秘密を共有するが・・・。

http://maoyuss.blog.fc2.com/blog-entry-1712.html



ここはとある傭兵団のアジトである。
傭兵団の中で、抜群の戦果を誇る傭兵は、非戦闘員であり、後方支援を仕事とする女に対して、常に冷たい態度で臨んでいた。

傭兵にとって、前線で戦いもしない女は、お荷物であるという持論である。
しかし、傭兵が女が傭兵団を辞めてしまってもおかしくないような、暴言をぶつけるはそれだけの理由があるのだった。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52142268.html 



悪名高き盗賊団に襲われた村の、唯一の生き残りである少女剣士と旅をする剣士。
剣士と少女剣士は、とある都市へと赴く。

因縁の盗賊団がその都市を襲撃する計画だというが・・・。

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-2848.html 


   


酒場の喧騒の中、チンピラに絡まれた女剣士を助けようとした剣士。
しかし女剣士は、助けようとする剣士に対し、女だからという理由で助けようとしたとして、剣士に決闘を申し込む。

女剣士の実力を感じ取った剣士は、一緒に仕事をしないかと持ち掛ける。

そして剣士と女剣士は、商人の依頼を受けてならず者の退治へと赴くのだった。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1809881.html 

世界に新たに発現した魔王。
魔王は、人間に対して高らかに不可侵を宣言する。

新しい魔王のその発言に対して納得がいかない側近と四天王。

もちろん人間界でも魔王の発言を素直に受け入れるられないものが多数存在する。
魔王は人間界と交流を持ち自給自足ができる魔王領を作ろうとするが・・・。

果たして魔王の本当の目的とは!

http://elephant.2chblog.jp/archives/52142615.html 

魔王を追い詰め、そして聖なる剣の力によりそれを打ち倒すことに成功した勇者パーティ。

これは、そんな魔王を打ち倒す力を持った唯一の聖剣にまつわる物語です。
女騎士と、剣士とそして魔女の冒険譚。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52088402.html 

魔王「今日も平和だ飯がうまい」魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」の過去の物語です。
2作品では、のんびり者の魔王が、魔王になるまでの物語です。

魔王の息子と出会った剣士、そして冒険。
これはシリーズ3作目にして、最高傑作の1本だと思います。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51815647.html

前作: 魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」

二手に分かれることになった勇者と守り手。
二人は世界を救うために、それぞれの目的地へと進む。

400年前の勇者と守り手の物語の結末は、今の勇者と守り手に引き継がれていく。


http://ayamevip.com/archives/21775556.html


前編:勇者「あなたはいつでもそうやって…」【前編】

このページのトップヘ