厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:僧侶

魔王を倒し世界を救ったが、倒した魔王の呪いによって、不死身の体となってしまった勇者。
そんな勇者の護衛任務に抜擢された若騎士は意気揚々と勇者のもとへと向かう。

しかし勇者の護衛という任務は、勇者を監視しともに生活をするだけという閑職であった。
※エロ描写結構あり

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1989066.html?ref=popular_article&id=2626549-238653



 

ダンジョンのある街に辿りついた戦士は、静止を振り切って一人でダンジョン探索へと赴く。
しかし、そこは新米戦士が一人でどうにかなる場所ではなく、命からがら脱出することとなった。

そして戦士は、気持ちを入れ替えて6人パーティを組んでダンジョンに挑む。

往年の名作ウィザードリィをモチーフにした作品です。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52022614.html



 

コミュ障がゆえに勇者パーティを首になってしまった魔術師。
故郷への道のりを重い気持ちで、歩んでいたが・・・。

持ち前の善意から、魔法陣の封印を施された岩から一人の悪魔を解放してしまった。
そんなことから魔術師と悪魔の不思議なパーティが結成されたのだった。

魔術師と悪魔の物語が始まった。


 http://elephant.2chblog.jp/archives/52114926.html


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


勇者は、勇者・魔法使い・戦士・僧侶の4人パーティで、魔王討伐の旅を続けている。
4人の旅は順調に進んでいるのだが、勇者は4人の中で、自分はどの分野でも一番ではなく、パーティの中で一番弱いと気に病んでいた。

そんな勇者たちの成長の物語。

http://ayamevip.com/archives/51191798.html





 

失脚してしまった魔王は、生活をしていくために人間の国に赴く。
そして、元魔王という魔法力の高さを生かして、勇者パーティの一員となるのであった。
元魔王と勇者の物語です。


http://jingai-maou-ss.iroiro-matome.com/?p=16






数多のパズルを解きながら旅を続ける勇者・僧侶・魔法使い。
天使と出会い世界を救うために世界の謎へと挑んでいく。

順調な冒険とは逆に3人の関係は徐々に複雑さを増していくのだった。

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1870314.html

勇者「ドーナツの世界?!」【前編】
勇者「ドーナツの世界?!」【後編】




 

王様に召喚された勇者は、南方の日の昇らない夜の世界から、魔王に支配されているという話を聞く。
そして調査へと赴くこととなった勇者は女僧侶を仲間につけて、旅立つのだった。

数々の謎(パズル)を解きながら冒険する物語です。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1870313.html

勇者「ドーナツの世界?!」【前編】
勇者「ドーナツの世界?!」【後編】




 

有利に戦いを進める国王のもとに届いた魔王軍からの密書。
それを読み驚愕する国王たち。

国の命運をかけた依頼に呼び出されたのは、勇者と呼ばれる男であった。
勇者と魔王の戦いの物語ですが、かなり勇者は渋いです。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52046685.html
 

舞台は勇者の告別式から始まる。
国王や勇者の仲間が見守る中、勇者の葬儀が行われる。

そしてそれを見つめる霊体?の勇者・・・。

勇者のお葬式とかつての仲間たち。
勇者はどうして死んで、どうなるのか?


http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-2607.html



勇者の活躍により魔王が倒された世界。
魔物たちは緩やかに衰退していっていた・・・。

そんな時代に、魔王を倒した勇者の息子である勇者は、妹と共にある少女とである。
勇者と少女はある秘密を共有するが・・・。

http://maoyuss.blog.fc2.com/blog-entry-1712.html



このページのトップヘ