厳選 永久保存魔王・勇者SS(小説家になろう含む)

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

タグ:側近

ひょんなことから、拳だけを武器に戦うことになってしまった勇者。
本当は武器を使って戦いたいのに、ドSな僧侶によって、ずーっと拳だけで戦うことになってしまった・・・。
そんな勇者の冒険譚です。

そしてなにより魔王がイケメンなのです。


http://maoyuss.blog.fc2.com/blog-entry-2361.html 

勇者が路地裏で殺された・・・。
なんとこの物語は、唯一魔王を倒すことができるという勇者が殺害されたところから幕があがる。
ミステリー仕立ての物語に、通常の勇者・魔王SSとは、違う面白さを感じます。

果たして勇者殺しの犯人は誰なのか?

http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1839343.html


続き:魔王「おれと来てくれないか、魔法使い」魔法使い「…ああ」 

勇者一行が魔王まで後一歩というところまで歩を進める中突然行われた停戦協定。
魔族との戦いが終結したことで、勇者は、人間族と魔族ともうひとつの種族が平等に暮らせる国を作るために不干渉地区へと赴く。

勇者の建国と世界を破壊から救う物語。

かなり読み応えのある長編作です。
ゆっくりじっくり読む事をお勧めします。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394899262/ 





魔王「今日も平和だ飯がうまい」魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」の過去の物語です。
2作品では、のんびり者の魔王が、魔王になるまでの物語です。

魔王の息子と出会った剣士、そして冒険。
これはシリーズ3作目にして、最高傑作の1本だと思います。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51815647.html

前作: 魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」

魔王らしいことをしようと、姫をさらった魔王。
いろいろなことがあり、その姫は、魔王の娘として育てられることとなりました。

いい加減な魔王とは違い、非常にしっかり者の魔王の娘。
そんな魔王の娘の物語です。



http://elephant.2chblog.jp/archives/51814905.html

前作: 魔王「今日も平和だ飯がうまい」

魔王らしい働きをしない魔王は、いつも側近に魔王らしく働くように迫られていました。
そんな魔王が側近を見返すために、行ったのがある国の姫の誘拐であった。

その誘拐をきっかけに、魔王と姫の物語が始まります。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51814861.html


次作:魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」

天使がいた物語の後編です。

魔王・天使・側近それぞれの事情が、絡み合って物語がすすみます。
そして次への種がまかれ物語は、次の物語へと紡がれていきます。

http://blog.livedoor.jp/innocentmuseum/archives/1016832303.html

前編:魔王「天使がいた物語」天使「前編です!」 




◆cZ/h8axXSU さんの長編作品です。
◆cZ/h8axXSUさんの作品の特徴として、色々な作品の登場人物が色々なところで登場します。
この作品は、そんな色々作品のベースとなる物語です。

理想の世界をつくるために、魔王が建国を目指し切磋琢磨する物語です。


http://blog.livedoor.jp/innocentmuseum/archives/1016831999.html 

後編:魔王「天使がいた物語」天使「後編ですよ魔王様!」



勇者「拒否権はないんだな」の第二部です。

勇者が魔王を倒して、魔王になる。
そしてその子供が勇者となり魔王を倒す・・・。

永遠に続くその繰り返しを抜けるための特異点、癒し手が生み出した今までとの違い。
それをもって新しい勇者は未来を切り開けるか!?


http://elephant.2chblog.jp/archives/52022732.html 

勇者は魔王を必ず倒す。
繰り返される勇者と魔王の戦い。

勇者が生まれれば魔王が生まれ、魔王が生まれれば勇者が生まれる。
それでも勇者は必ず魔王を倒す。

特異点が生まれて全ての理を壊すまで・・・。

三部作の第一部です。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52022728.html 

このページのトップヘ