厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

    タグ:メイド

    絶対的な力を持ち、唯一魔物を創生する力を持つ魔王。
    魔王が最初に生み出した魔物である側近は、魔王に自分専用の女性の魔物を作ってくれるように頼むが・・・。

    創生のための魂を探していた魔王は、大きな過ちをおこしてしまうのであった。

    http://ayamevip.com/archives/36675714.html


    1.魔王「姫・・・おまえを愛している。どんな絶望があろうと、俺と共にあれ」
    2.騎士王「『魔王、ずっとずっと、だいすきだよ!』」
    3.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」
    4.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【番外編】
    5.姫「とりあえず、新世界でも創りますか?」【後日談】



     

    勇者になると勇者特権が、与えられかなりの優遇が受けられるという。
    しかし、それを悪用する勇者も多数存在するという・・・。

    そんな中、勇者と戦士は、まじめに魔王討伐を行おう旅立つだった。

    旅で出会ったというか命を救ってくれたモンスターハーフの3人娘との冒険譚。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1874283.html

     


    東の港国第三王女である姫は、いずれどこかに政略結婚に出されるであろう自分の今後に対して大いに不満を抱いていた。

    そんな姫は、思いついたかのように、城で暇そうにしているメンバーを募って勝手に傭兵団の設立を行うのだった。
    城を出た姫と傭兵団一行には、どのような冒険が待ち受けているのか。


    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1916268.html 



    傭兵ギルドで見つけた好待遇のお仕事。
    それは、死ぬだけの簡単なお仕事!?

    神の加護により蘇生可能な世界での物語です。

    結構シリアスな前後編です。

    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838436.html 

    貴族の娘である女騎士は、17歳にして、騎士団の隊長として、騎士団に所属することになった。
    しかし配属された騎士団は、女騎士が思い描くようなものとは、大きくかけ離れたものだった。

    メインの仕事は書類仕事であり、騎士とは名ばかりの日々。

    そして部下と言えば、ひょうひょうとした傭兵騎士の一人のみである。

    しかしこの騎士団と傭兵騎士には大きな秘密が隠されているのであった。

    http://elephant.2chblog.jp/archives/52121287.html 


    こちらの作品は、下記作品のサイドストーリーです。
    まず、勇者の像「…」をご覧になると、より楽しめます。
     勇者の像「…」






    世界に新たに発現した魔王。
    魔王は、人間に対して高らかに不可侵を宣言する。

    新しい魔王のその発言に対して納得がいかない側近と四天王。

    もちろん人間界でも魔王の発言を素直に受け入れるられないものが多数存在する。
    魔王は人間界と交流を持ち自給自足ができる魔王領を作ろうとするが・・・。

    果たして魔王の本当の目的とは!

    http://elephant.2chblog.jp/archives/52142615.html 

    常に姫のそばに寄り添い姫をちょっと甘やかすくらいに愛する勇者と姫の物語。
    前後編です。

    一度は命を失いかけ、全ての記憶も失って蘇った勇者と姫。
    絶望的な力を手に入れた竜王との再度の決戦に臨む。


    常に姫のそばに寄り添い姫をちょっと甘やかすくらいに愛する勇者と姫の物語。
    前後編です。

    勇者は姫を守りつつ竜王を倒すために戦いに赴く。
    ドラゴンクエスト1をモチーフにした傑作です。


    後編です。
    無事姫様を救出することに成功した傭兵と女騎士。
    この事件をきっかけに傭兵の立場も大きく変わろうとしています。

    しかし傭兵が幸せになるには大きな障害が・・・。

    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1838436.html 

    このページのトップヘ