厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

カテゴリ: 魔王

姫の協力を得ることにより、勇者の力によって封印した兄魔王を打倒せんとする魔王。
魔王は、そのために自らの命を捨てる覚悟を決めていた。

しかし側近と少女は、どうしても魔王を犠牲にすることはできない。
勇者が見つかるまでになんとか魔王を救う方法をと考える二人であったが・・・。

最弱魔王の最後の戦いが始まる。


http://ssmatomesokuho.com/thread/read?id=152803

前作:「最弱魔王様」





 

幼女は生きるために、村の倉庫から食料を漁ったことで、口減らしのために森に捨てられてしまう。
そんな幼女を見つけた魔王の側近は、その幼女を魔王の城へと連れて帰る。

幼女は、魔王と側近の愛情を受け、人間と魔族でありながら家族となっていく。

幸せをかみしめる幼女であったが、魔王と側近には大きな秘密が隠されているのだった。


http://ssmatomesokuho.com/thread/read?id=49632
次作:「最弱魔王の決戦」





 

勇者と魔王を残し、全てが死に絶えた世界・・・。
美しかった街も自然も全てが毒素に包まれてしまった世界。

その世界を勇者と魔王は、将来の世界の再生のために旅をする。

http://elephant.2chblog.jp/archives/52090748.html





 

人間との戦いに破れて、自らを封印した魔王は数百年のときを経て復活を遂げた。

しかし、魔王がいた頃と比べると人間界の技術は、爆発的に進んでいた。
人間界では大きな浮遊兵器である戦艦が作られており、それを用いた戦争が行われていた。

それを見た魔王は、戦艦に乗りその戦争を集結させることを志すのだった。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1818433.html




 

女神の導きによって、勇者となったとある国の姫。
仲間とともに魔王のもとへとたどり着き、最後の決戦へを行うが、勇者たちは魔王に敗れてしまった。

死を覚悟する勇者、しかし魔王はそんな勇者を自分の物にするというのだった・・・。
勇者の首には洗脳の力を宿した首輪が付けられてしまう。

勇者はどうなってしまうのだろうか。


http://amnesiataizen.blog.fc2.com/blog-entry-9555.html





 

遂に魔王のもとへとたどり着いた勇者パーティ。
しかしそこで魔王から持ち掛けられたのは、勇者を娶るという選択。

勇者は魔王を倒すだけために生きてきた自分の身ひとつで世界が平和になるならとそれを選択する。
魔王のものとなった勇者と魔王の物語。

とても良い作品です。

http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/49635518.html






 

魔王を後一歩というところまで、追い詰めた勇者。
しかし、その場に魔王娘が現れたのだった。
魔王との戦いで、勇者も満身創痍の状態、さすがに魔王娘との戦いは厳しい状況。

しかし魔王娘が発した言葉は、「勇者……魔王は私が殺す」だったのだ。

はたして魔王娘の真意とは?


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1916185.html 




 

少女は、突然現れた女神によって、女勇者とされてしまう。
そして、女神に連れられて行った先は、星空魔王と呼ばれる魔王の城。

しかし魔王は、皆が想像するような魔王とは違い、一人でひっそりと暮らしていた。

女神から魔王の身の回りの世話をするように言われた女勇者だったが・・・。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1915621.html


 
 

魔王のもとに、たどりついた勇者に対して、魔王は世界のありようについての疑問を投げかける。
なぜ、1000年にわたり、文明が進むことなく勇者と魔王が対で存在し、そして魔王が負け続けるのかと・・・。

勇者が魔王を根絶やしにすることもなく、きっちりと現れつづける、それは勇者からしても確かに説明ができない事象であった。

こうして、魔王と勇者の真実への探求が始まる。


http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-2257.html

 



 

5年前に魔王を倒した勇者パーティの一員であった魔法使いは、山奥のお屋敷で日夜研究に励んでいた。
そんな魔法使いの執事募集の求人に、一人の青年執事が採用となり、そのもとに訪れるのだった。

しかし、執事の正体は・・・。


このページのトップヘ