厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

カテゴリ: 魔王

勇者さんは、とても魔法を忌み嫌っている。
勇者さんだけでなく戦士さんや武闘家さんや盗賊さんは魔法を使わずに魔物たちを倒していく。

しかし、魔法しか能のない私。
「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」そう公言する勇者の前では、その魔法も満足に使うことができないのであった。


http://amnesiataizen.blog.fc2.com/blog-entry-16083.html
 

魔王の姫誘拐事件から、月日が流れ元魔王の秘書である魔人は、魔王の村から研修として人間の国で生活するために、人間たちの城へとやってきたのであった。

城で暮らすこととなった魔人の生活のお話です。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51812668.html


1.魔王「間違えた…」
2.魔人「・・・間違いでは?」
 

人間達との戦いを収拾しようと考えた魔王は、勇者たちをサポートして悪事を働く魔物たちを陰ながら討伐し、共存の道を図ろうと考えるのであった。

しかし勇者は魔王が思うような勇者と呼べるような人物ではないのであった。
魔物以上に悪事を働く勇者に対して魔王は・・・。

http://elephant.2chblog.jp/archives/51779334.html

 

城の姫様を誘拐しようしていた魔王は、誤って姫様とは全く関係のない町娘を誘拐してしまうのであった。
そんな魔王のもとには、勇者と本来誘拐するはずだった姫様が現れて、状況は思わぬ方向へと進んでいってしまうのであった・・・。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51812511.html

 
1.魔王「間違えた…」
2.魔人「・・・間違いでは?」
 

魔王を倒すことに成功した勇者は、その場で魔王の遺児である魔王女に見初められてしまう。
そして、故郷に幼なじみの恋人を残しつつも、苦悩の中新しい魔王となるのであった。

魔王になった勇者は、魔族と人間との価値観の違いに戸惑いながらも新しい世界を創っていこうとするのであった。


http://ss-navi.com/blog-entry-10924.html 


まだ若輩者である魔王は、本来自分などは参加することが許されない魔王達の宴会へと忍び込むのであった。
そこで、大魔王たちに見つかり処刑されるところであったが、新しい世界で「良い魔王」になることができたら、その命を許されるということになったのであった。

そして魔王は平和な世界に降り立ち「良い魔王」を目指して奮闘するのであった。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/50534731.html

 

人間界に降り立った魔王たちは、城を構築し、塔を強化し、畑を耕してせっせと越冬に向けての準備を続けていた。
そんな冬を越すために必死な魔王たちのもとに、女勇者が訪れるのであった。

英雄譚とはちょっと違う魔王と女勇者の物語です。


http://blog.livedoor.jp/h616r825/archives/52563585.html 



魔王を倒したがその絶大な力に脅威を感じた、国王の計略と仲間たちの裏切りによって、勇者は塔に幽閉されて20年の歳月が流れようとしているのであった。

塔からは出られず独り言を繰り返す勇者であったが、とある出来事からその封印が解かれるのであった。
ここに20年幽閉された勇者の復讐劇が幕を開ける。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52241708.html





宿敵である魔王を追い詰めた勇者は、「お前を倒して世界を征服してやる!」と言った。
その発言に驚いた魔王は、その真意を問い詰めるとともに自分の娘と結婚して魔王軍の跡継ぎに慣れて言うのであった。

しっかりものの長女とツンデレの次女、そして幼女である三女達との勇者と魔王の物語。


 http://ayamevip.com/archives/51176480.html





常に30年周期で、魔界に訪れ魔王と戦うという勇者。
そんな勇者が周期通りに訪れなくなって、かなりの月日が流れていた。

魔王サイドも訪れない勇者に疑問を思っていた矢先、勇者が魔王城を訪れた。
しかし勇者あろうことか魔王城で働かせてくれというのであった・・・。

勇者と魔王の不思議な関係はどのような最期を迎えるのであろうか?


http://elephant.2chblog.jp/archives/51844519.html





 

このページのトップヘ