厳選 永久保存魔王・勇者SS

魔王・勇者関係のSS(ショートストーリー)を、傑作・良作のみ集めた永久保存版SS保存サイトです。 ここでお気に入りのSSをみつけてください。本当に自分の気に入ったSSだけを紹介しています。 定番のドラクエものなど掲載している作品は、全て読んでいますので完結作品のみを、まとめています。

カテゴリ: 勇者

勇者は、勇者・魔法使い・戦士・僧侶の4人パーティで、魔王討伐の旅を続けている。
4人の旅は順調に進んでいるのだが、勇者は4人の中で、自分はどの分野でも一番ではなく、パーティの中で一番弱いと気に病んでいた。

そんな勇者たちの成長の物語。

http://ayamevip.com/archives/51191798.html





 

失脚してしまった魔王は、生活をしていくために人間の国に赴く。
そして、元魔王という魔法力の高さを生かして、勇者パーティの一員となるのであった。
元魔王と勇者の物語です。


http://jingai-maou-ss.iroiro-matome.com/?p=16






有利に戦いを進める国王のもとに届いた魔王軍からの密書。
それを読み驚愕する国王たち。

国の命運をかけた依頼に呼び出されたのは、勇者と呼ばれる男であった。
勇者と魔王の戦いの物語ですが、かなり勇者は渋いです。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52046685.html
 

「勇者決定トーナメント」に見事優勝して、魔王討伐に臨む勇者となったが、勇者にはそれ以外の目的があるのであった・・・。

そんな勇者は、戦士・狩人・呪術師というトーナメント一回戦で敗退した、おしかけパーティとともに魔王討伐の旅に出ることになったのであった。

果たして勇者の真の目的とは?


http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-5825.html



舞台は勇者の告別式から始まる。
国王や勇者の仲間が見守る中、勇者の葬儀が行われる。

そしてそれを見つめる霊体?の勇者・・・。

勇者のお葬式とかつての仲間たち。
勇者はどうして死んで、どうなるのか?


http://horahorazoon.blog134.fc2.com/blog-entry-2607.html



勇者の活躍により魔王が倒された世界。
魔物たちは緩やかに衰退していっていた・・・。

そんな時代に、魔王を倒した勇者の息子である勇者は、妹と共にある少女とである。
勇者と少女はある秘密を共有するが・・・。

http://maoyuss.blog.fc2.com/blog-entry-1712.html



なぜか現代のワンルームの安アパートで、同棲(同居?)する勇者と魔王。

どうやら二人は、最終決戦の際の奥義同士の衝突によって生じた時空の歪みに吸い込まれてしまったらしい・・・。
魔法も使えぬ全く知らない世界に放り出された二人は、もとの世界に帰る方法を探しながら、三年の月日を共に過ごす。

そんな二人の生活に転機が訪れようとしていた。


http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/archives/1954034.html





 

勇者一行が魔王まで後一歩というところまで歩を進める中突然行われた停戦協定。
魔族との戦いが終結したことで、勇者は、人間族と魔族ともうひとつの種族が平等に暮らせる国を作るために不干渉地区へと赴く。

勇者の建国と世界を破壊から救う物語。

かなり読み応えのある長編作です。
ゆっくりじっくり読む事をお勧めします。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394899262/ 





魔王討伐の旅を続ける勇者パーティは遂に、魔王軍の大幹部を倒すことに成功した。
疲れ果てた勇者たちがテントに戻るとそこには本当の勇者が!?

なんと勇者は真勇者の影武者だったのだ・・・。
真勇者からひどい扱いを受けながらも使命のため旅を続ける影武者勇者たち。

果たして旅の終わりは・・・。


http://elephant.2chblog.jp/archives/51999789.html





 

魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」の少年勇者視点の短編です。
魔王を捉えることに成功した勇者パーティと魔王の駆け引き・・・。

ゲートを開く鍵とは!?

魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」を読んでから読むことがお勧めです。


http://ayamevip.com/archives/50063134.html


1.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」
2.魔王「ボクに魔王なんて出来るわけねぇ」【後編】



このページのトップヘ