戦士団に所属する狂戦士は、戦闘のたびに我を忘れて戦ってしまう自分自身にほとほと困り果てていた。
戦闘で敵を倒すことはできても、守るべき市民からも恐れられてしまうし、いつか自分の暴走で皆を危険にさらしてしまうかも知れない。

そんな狂戦士の所属する戦士団に、一人のシスターがやって来るのだった。


http://elephant.2chblog.jp/archives/52133720.html